【難所】絶対に行ってはいけない!高知最大級⁉程野の滝が想像以上に凄かったレポ

仁淀ブルーが有名なにこ淵の更に奥まで車で進んでいくと、程野の滝という滝があります。

私もSNSで知りました。
コチラです。


にこ淵までは行ったことあるのに、その近くにこんな凄そうな滝をスルーしてしまっていたことを後悔したので、行って見ることにしました。

程野の滝…というのは4つの滝の総称のことで、上から東滝、西滝、権現の滝、大樽の滝があるそうです。参考:程野へのドライブ

今回は東滝を目指しました。

結局同じ風景は見れなかったけど、アイキャッチにある壮大な風景を見ることができました!

注意

この前日に中津渓谷と安居渓谷で滝という滝を見てきましたが、どちらもある程度は舗装されていて観光に適していました。

それもあって、観光気分で軽装備で山に入ってしまいましたが、観光ではなく…これは登山のレベルでした。

それなりの準備をした方が良かったです。

※スニーカーでは歩くのがしんどかったので、登山靴のようなものが良いです。

 

アイキャッチの風景までを往復した所要時間:約1時間

程野の滝:東滝へのアクセス

地図だとかなり簡単に見れそうですが、そうは問屋が卸さなかったです。

パンフレットもあります▼

ぐりーんぱーくほどの:東滝のMAP

まずはグリーンパークほどのへ行きましょう。

住所

〒781-2511 高知県吾川郡いの町清水上分2995

グリーンパークほどのまで行ったら左の道へ入っていきます。

たぬきが書いてある看板が東滝の駐車場までずっと案内してくれます。

スポンサーリンク

東滝の駐車場

グリーンパークほどのから車で約15分、山道を登ると駐車場に着きます。

おそらく4台ほど停めることができます。

奥にあるのはトイレでした。

スポンサーリンク

東滝の道のり

約500mならすぐに帰ってこれそうだ…。

そう思うのは大間違い!山を登りおりする500ⅿは結構しんどかったです。

このような道を進みます。

ところどころ階段があったりもしますが、基本的に山歩きです。

朝の雨でぬかるみがあって滑りやすかったです。

山道ですが、ちゃんと標識や看板があります。

巨大な岩です。
この山の素でしょう。

山に入ったからこそ見ることができる風景です。

※こんなにひょうきんなポーズをしている場合ではないです。
♯軽装備で山 ♯女一人

押しちゃいけないボタンを全部押しています。(反省しています)

この岩を抜けると川が流れています。
ここを渡ります。

 

渡ります…!

ここが丁度滝の上

良い風景です。

岩をつたって川を渡りましたが、そこから先はほぼ道はないです。

山を登って降りて…道のようなものはあるけど険しいです。

難所…

 

圧倒的難所…。

 

「もしかしたら、私が人類で初めてここまで来たのかもしれない…。」

 

そんなことが頭をよぎるほどでした。

このように岩の上を歩くような感じです。

スニーカーですら無理があります。

スポンサーリンク

絶景スポットへ到着

そして、この絶景を見るために開けてるのでは…?というくらい、滝全体を見ることができる絶景スポットに到着しました。

高く、遠く離れたところから見ているのですが、かなり壮大で迫力がありました!
紅葉がまたいい仕事をしてくれています。

 

写真じゃあんまり伝わらなくて残念…!

 

こんなに凄い滝、人生で初めて見ました…!

動画もあります▼

やはり、ちゃんとした登山でした▼

まとめ

携帯電話の電波は繋がるものの、気軽にサクッと見に行けるような滝ではありませんでした…!

しかし、今までに見たことがない圧倒的壮大さと迫力で素晴らしい滝でした!

▢見に行かれる方はスニーカーではなく登山靴でチャレンジしてください。
▢水分は必ず持っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です