お知らせ:高知観光の記事は移動しました。

【旅行記】-そんなことある??ハプニングだらけの家族旅行in韓国-

時は2011年、家族ではじめての海外旅行へ。
行き先は韓国。

「家族旅行×海外×はじめての韓国」

 

安心安全を見越してツアーを予約した呑気なファミリーに待ち受けていたものとは・・・?

この年代くらいは韓流ブームで、私もKARAにお熱だった。
(父も少女時代にお熱だった。母はグンちゃん。)

好きなアイドルがいる・・・そしてなにより富士山静岡空港から気軽に行くことができるということで、我々呑気ファミリーは韓国のツアーを予約したのです。

 

グッズが買えるかな?サインがある店に行けるかな?韓国語使える機会はあるのかな?(学校で韓国語を勉強していた。)

旅行が好きな上に大好きなKARAの国へ行ける・・・私の胸は高鳴った。
そして偶然にも私はこの地でバースデーを迎えることとなった。

 

はじめに言っておくと、単なる楽しかった家族旅行記ではなく、家族旅行ハプニング集となっているので、ご了承いただきたい。

ハプニングポイント1「中部国際空港から来てくれ。」

富士山静岡空港から行けばゆったりと旅行できる・・・。そんな想いで予約した旅行だったが、出発の1週間くらい前に父の元へ電話がかかってきて「飛行機の席が取れなかったから中部国際空港からの出発でも良いですか・・・?」というもの

いいわけねーだろ。(^ω^)

富士山静岡空港から行けることに魅力を感じて予約したのに・・・出発の1週間前になって無理でした・・・。ってどういうこと???

「交通費はこちらがもちますので・・・。」と言っていたらしいが・・・そういう問題ではないのだ・・・。

中部国際空港まで何時間かかると思っているんだ。
富士山静岡空港からじゃなければ全く意味が無い・・・。

「それはありえないよ!抗議するべきだ!」と父に伝え、席を確保してもらった。
席を確保出来るなら最初からして欲しい。

そして、「申し訳なかった・・・。」と帰りの飛行機の席のランクをビジネスクラスにしていただだけた。

富士山静岡空港から行ければ何も問題ないのに、席のランクを上げてくれるなんて・・・呑気ファミリーは

 

「なんだか悪いねぇ・・・(^ω^)」

と乗ったことのないビジネスクラスに心躍らせた。

 

ソさん・ノムさんとの出会い。

飛行機の中で食べた昼食。

韓国に着いたらガイドさんが迎えに来てくれていた。

私はガイドさんに会うなり「トイレに行きたい。」と行ったので、ガイドさんは韓国よりもまず私を空港のトイレに案内することになった。

トイレに行ったことで、私はツアーのたくさんの方々を待たせているかもしれない・・・。
私たちはこれから大きな観光バスに揺られ、色んな世代の方達と韓国の街を回って素敵な3泊4日を過ごすのだと・・・空港を出ると…

あったのはワゴン車。

ここで初めてこのツアーが我々呑気ファミリーだけということを知った私。
2つのスーツケースをドライバーさんがさっと車に乗せてくれる。

ガイドさんもドライバーさんも女の人

紹介▼

ガイドはソさん
背が低く、推定149cm
静岡のローカルアイドル久保ちゃんに似ていることから
ソ保ちゃん。と私は勝手にあだ名をつけた。

 

 

ドライバーさんは紹介されなかったが、
威圧感漂うマダムは野村のサッチーのようだったので

ノム婦人。とこちらも勝手にあだ名をつけさせてもらった。

そして、少々荒いノム夫人の運転にゆられて世界遺産の宣陵(ソンルン)・靖陵(ジョンルン)はソさんの濃厚なガイドのもと周り、旅行会社の陰謀・免税店1へ行った後、夕飯はプルコギを食べた。

姉妹は親切なガイドのソさんをたいそう気に入った(^ω^)

夕食後は家族でカジノへ行き(これもまたツアーの一部)、体験チケットなるものをもらって思いの他楽しみ、呑気ファミリー同はホテルへ。

スポンサーリンク

ハプニングポイント2「ノム夫人遅刻する。」

2日目は7:30にホテルのロビーに集合となっていたので、朝6:30に起きる。
呑気ファミリーは早起きも苦手だし、身支度も苦手・・・しかし

ソさんを待たせてはいけない・・・!

そんな使命感にかられ、一生懸命身支度し、時間通りにロビーのソファーでちょこんと待っていたのだが・・・

 

ホテルのロビーで30分待ってもソさんが来ない・・・。(^ω^)

 

「朝だから道が混んでるのかもしれないねぇ。」「ソさん寝坊しちゃったのかねぇ・・・?」なんて呑気ファミリーは気楽に待っていたのだが・・・

 

気付けば1時間経過していた。(^ω^)

するとソさんが凄い勢いで「すいませーん!すいませーん!」と現れた。
その姿はかなり申し訳なさそう。

もちろん私たちファミリーは呑気なので、誰一人として怒ってないし、スケジュールのズレに1mmも焦りを感じていなかった(^ω^)

 

「車(ノム婦人の)が渋滞にハマっているのでタクシーでいきます!」

と言って、ホテルの前で一生懸命タクシーを捕まえようとするソさん。
タクシーを捕まえてソさんが運転手さんに何人まで乗れるか聞いてて、「じゃあ、いいです。」とソさん。

 

運転手さんが「乗らないの?」と聞くと。
「5人いるんです!」と声を荒げるソさん。

 

かなりソさんは切羽詰まっていたが、呑気ファミリーは焦らず、ただ見守っていた(・_・)
結局私と妹、父母ソさんでわかれタクシーに乗って朝食会場へ行くことになった。

 

運転手さんに「ここだよ。」と言われて降ろされたけど、私たちはどこへ行けばいいのか分からず、あっちへふらふらこっちへふらふら・・・迷子になってしまった・・・。

 

ソさんに持たされたハングルのメモも字が下手で読めない。
多分切羽詰まってた。

 

誰かに道を聞こうにも通勤前の人が多くなかなか声をかけれない・・・。
そんな時だった。誰かに呼ばれた。

 

ソさんだ!

 

我々姉妹の方へ走ってくるソさんを見て、

 

「ソさんが走ってきた~(;_;)」と感動する我々。

 

やっとこさ着いて9:00に朝ご飯。
わけのわからない漬け物が並ぶが、食べてみると本当に美味しくて苦手だったのにむしゃむしゃ食べてしまった。
これを機に韓国の備え付けの漬け物が大好きになった私。

朝食を楽しむ我々の元へ遅れてきたノム婦人がのこのこやってきて「すみませんでした。」と謝ってきた。

私たち呑気ファミリーはむしろ「韓国でタクシーに乗れるなんて思ってもみなかったから良い経験ができた!(^ω^)」と喜んでいる所だったので、大丈夫ですよ~気にしないで下さい。と伝えた。
思い出してもマジで呑気だな。

 

しかし、私は気付かなかったが、後ろの席でノム婦人とソさんがバトルしていたらしい。
口論していたと父が言っていた。
ノム婦人は近道をしようとして遅れた模様。

スケジュールがずれてしまったので、本来とは違う順番で回るそうだ。

スポンサーリンク

ハプニングポイント3「パレードが見られなかった。」

ワゴンは景福宮(キョンボックン)へ到着した。

ここでは1日2回、20分程の「守門将交代儀式」という当時の王宮で門を守っていた人達を再現したパレードのようなもので、当時の衣装を着てたりして大変面白いのだが・・・

「チケットを買うので、先に行って下さい!」と焦るソさん。
なんせ朝からスケジュールが大幅に遅れているのだ。

 

その焦り具合は「俺が食い止めるから先に行け!」的な映画のワンシーンのような感じだったのだが、

我々はソさんを置いていってしまってはいけない・・・!!
と待っていた。

 

その間にパレードは終わってしまった・・・。(^ω^)

 

「ぁあ・・・だから言ったのに・・・。」とがっかりするソさん。
この待ってる数分で終わってしまうようなパレードを見てどうしろと…。

 

朝の遅刻といい、ソさんに緊張が走る。

しかし、またまた何も気にしていない呑気ファミリー(^ω^)
まだ入り口にはコスプレした人達がいたのでそれで満足だった。

そして、ずっと撮りたかったソさんとの記念写真も実現!

私たちはソさんと一緒に楽しみたかったのだ!

ハプニングポイント4「バスの運転手に怒鳴られる」

世宗路(セジョンロ)へ行ってハングルを作った人の像を見てきた。
この像を見た後で旅行会社の陰謀・免税店2へ・・・
ここは予定が狂おうが、何が何でも寄るらしい笑
行くはずだった紫水晶店がおじゃんになっても免税店にだけは連れて行かれた。

 

もう免税店飽きたよ(^ω^)

 

車通りの激しい道に免税店はあり、そこで我々は降ろされたのだが・・・

あとから来たバスの運転手にめちゃくちゃ怒鳴られた・・・!

もの凄い形相でおじさんが我々ファミリーを怒鳴りつけた。
ノム婦人が車を停めたところがバス停だったのかもしれない・・・?

(・ω・)しょぼん

ノム婦人のミスのせいで我々ファミリーが怒鳴られてしまい、またしてもソさんに緊張が走る・・・。

免税店ではチョコレートやのり、シルバーの箸を購入した。

ハプニングポイント5「ノム婦人事故る。」

待ちに待ったお昼の時間。
お昼を食べる場所は何やら細めの路地にあるらしく、ノム婦人が道に迷ってしまった。

Uターンしようとした瞬間だった。

 

ドン!

 

バックした車体が家にぶつかった。

「大丈夫ですか??」

ソさんは我々を気遣ってくれたが、私たちは車のへこみの方が心配だった・・・(・ω・)

またしてもソさんに緊張が走る・・・。

 

お昼はビビンバだった。
事故など全く気にもせずに美味しく食べていたら、何やら男の人が現れた・・・。

するとソさんが「会社の部長さんです。」とあいさつ。

(・ω・)???

訳が分からない私達

 

話を聞く。

 

すると車の中でソさんが車をぶつけてしまったことを会社の部長さんに報告していたことを我々に話してくれた。
部長さんはそれを詫びに来たのだった。

ぶつけたと言ってもほんの少し「ドン!」ってしただけだし、家族の誰一人あれを事故だとは思っていなかった・・・。

むしろ我々は車は大丈夫なのか?くらいに思っていた。

それなのに部長さんは「申し訳なかった。」と土下座した。

そしてチヂミを奢ってくれた。(^ω^)

このチヂミがサクサクパリパリで本当に美味しくて私はチヂミが大好きになった!
もっちりべたべたしたチヂミしか食べたことがなかったから衝撃だった。

私達はこれを「部長さんのチヂミ」と呼びこのおいしさはずっと語り継がれることになった。

今朝の遅刻といい、そこからのスケジュールのズレやこの事故・・・。
呑気ファミリーは1mmも気にしていなかったが、ソさんには相当なプレッシャーを与えていただろう・・・。

ご飯を食べると車が変わっていた。
車だけで無くドライバーも変わっていた。

 

ノム夫人が解雇されたんじゃないかと我々は心配になった・・・(・ω・)

 

そして、ノム夫人の姿を見るのはこれが最後となった。

午後は韓国村を回った。
ドライバーのおじさんはノム夫人よりも安全運転だった。

韓国村では韓国の昔の暮らしが再現されていた。

ソさんとのお別れ・・・。

その後、明洞で解散なのだが・・・。

なんと、ここでソさんとお別れだというのだ・・・。
私達家族は本気で悲しんだ。

明日は自由行動、明後日帰る時はキムさんという別のガイドさんが来てくれるらしい。

 

「ソさんがよかった~(;O;)」

と私達はソさんを困らせた。

 

ソさんは私達に気を遣って、日本語が大丈夫なお店をいくつか紹介して、ホテルへの帰り方を教えてくれた。

そして、ソさんとお別れした・・・。

帰りのコンビニできのこの山(チョコソンイ)を買うも何一つまともにチョコレートがついていなくて大爆笑して寝た。

3日目は自由行動

父と母は南大門へ姉妹は清潭(チョンダム)へKARAのニコルママが経営しているという焼き肉屋さんauraTHEGRILLへ。

しかし、値段が高すぎてこの画像の肉食べただけで1万円以上とられた記憶がある。(2012年閉店)

KARAもよく来たというドリンク屋さんCOFIOCAへも行ってみた。
KARAのギュリ、少女時代ユナおすすめのストロベリーコラーダがびっくりするくらい美味しかった!

そして姉妹は文房具屋さんへ入った。
お世話になったソさんに感謝の気持ちを込めてメッセージカードを渡そうと考えたのだ!
カードはキムさんに渡してもらおう。
ハングルのシール、メッセージカードを購入した。

ソさんは喜んで泣いてしまうんじゃないだろうか?ヽ(;▽;)ノ

 

夜は父母と合流して物足りなかった焼き肉を食べることに!
日本語が通じない所だったが、味はめちゃくちゃ美味しかった。

何より言葉が通じないのに一生懸命対応してくれた店員さんがとても良かった。
そんな感じで旅行最後の夜を大満足で終えた。

ハプニングポイント6「キムさんに置いてかれる。」

5:50にロビーへ集合なので5:00に起床。
この日は私の誕生日、妹に「おめでとう。」と言ってもらえた。

私たちファミリーはビジネスクラスの飛行機が楽しみだった。

ホテルにはキムさんという女のガイドさんが迎えに来た。
そして、我々は夜な夜なソさんの為に書いたカードをキムさんにソさんに渡して欲しいとお願いした。

帰りの車はまたいつものワゴン車かと思いきや、でかいバスに他の観光客と一緒に乗せられた。総勢40名と言ったとこだろうか?

バスに乗り込み仁川空港へ。
キムさんが総勢40名いるであろう大人数の航空手配しているのを見て

 

「あれを一人でやるんだから大変だね~。」と他人事のように見守っていた。

本当に他人事だった。その時は…。

 

荷物を預け、手続きが済むと「あちらのソファーで待っていて下さい。」と言われたので待つことにした。

 

・・・・・・・

 

 

・・・・・・・

 

 

 

・・・・・・・

 

 

しかし、キムさんは一向に現れない。

 

まだ待ってみる。

 

 

・・・・・・・

 

 

来ない。

 

何やら先ほどキムさんらしき人がソファーの横を通ったのを父が目撃していた。

もしや・・・

 

 

置いて行かれた…?(^ω^;)

 

一応手続きの列に並んでみるも、合っているのかわからずに辞めた。
こういうことが不安だから今回ツアーを申し込んだのだ…。

時計を見ると9:20くらい。

飛行機の出発は9:50

 

非常にやばい。このままじゃ帰れなくなる。
父の焦り具合は半端じゃなかった。

 

私はインフォメーションのカウンターへ走り
「Excuse me …ytrqりえsぴf;」と訳の分からない英語で話しかけるも、

「日本語で大丈夫ですよ。」とあっさり言われてしまった。

そして、電話を借りてソさんへ電話。

「ヨボセヨ~。」とソさんが出て私は現状の説明をした。
ソさんは焦ることなく「キムさんに連絡してみます。」と言って電話は切れた。

 

私がソファーに戻って数分…。

 

「呑気ファミリー様ぁあああああああああ~」

と、髪を振り乱しキムさんが走ってきた。

どうやら、私たちを見かけなかったので、先に行ってしまったのだと思ったらしい。
ノム婦人といい、いいわけが多い韓国人である。
ちゃんとファミリーはいい子にソファーで待っていたのに。

 

飛行機の時間を聞かれたので9:50だと教えると、飛ぶ時間まであと20分
それを聞いたキムさんは「ぁああ~。」とうなだれて頭を抱えた。

 

頭を抱えたいのはこっちである。

 

そして、猛ダッシュで私たちを案内してくれた。
大きな声で訳の分からない韓国語で並んでいる人達に話かかけていた。
多分、飛行機に間に合わないので入れて下さいと言ってるんだろう。

無責任ながらキムさんとはここでお別れ…。

私は「チェソンハムニダ」と連呼しながら並んでいる人達をほとんど抜かして手荷物検査と出国審査を終えた。

 

家族全員が集まった時、飛行機の出発まで残り10分もなかった。

なのに搭乗口は1番遠い場所にある。

 

キムさん、大失態もいいところである。
私たちファミリーは4人全力でダッシュした。

 

家族全員が全力疾走することが人生であるなんて思いもしなかった。
父も…そして母も走っているのである…。

 

家族の中でも1番足が速い私が先につけばもしかしたら1分は待ってもらえるかもしれない…。
そんな期待をして先にみんなを置いてダッシュした。

 

結局家族全員3分前に到着し、無事に飛行機に乗れた。

 

最後の最後までやってくれた旅行会社であった。
さすがに呑気な我々もこの失態にはヒヤヒヤした…。

まさか、楽しみにしていたビジネスクラスまで目の前で消えそうになるなんて思いもしなかった。

ソさんに連絡したため、ノム婦人だけではなく、キムさんも解雇されるかもしれない。

最後の最後までソさんに緊張が走るのであった…。

 

それにしても…あんなに髪を振り乱した人間は今後キムさん以外現れないだろう―。
素敵なハッピーバースデー私。

 

 

 

 

完。

 

帰ってくるとすぐに旅行会社の留守電にお詫びのメッセージが入っていて折り返しの電話が欲しいということだったが、我々はその電話を折り返すことはなかった…。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です