高知観光のまとめはコチラ

高知の足摺岬を観光しよう!見どころやアクセスを紹介!

足摺エリアへ観光といったら、1番に思い付くのが足摺岬ですよね!
ここはダイナミックな風景が見れるのはもちろんのこと、晴れた日は非常にのんびりとした雰囲気が漂っており、運が良ければここはどこ?と思うほどの透き通った海に出会うこともできます!

また、雨の日は非常に勇ましい姿を見せてくれます。
そして、足摺岬の周辺にはおすすめの観光スポットが密集しておりますので、特に自然がだいすきな方は楽しめること間違いなしです!!

ちなみにミシュラングリーンガイドで星2つの評価をもらっています!

足摺岬のアクセス

足摺岬は車でノンストップで行けば高知龍馬空港から3時間で着きます。

運転が苦手なら、観光バスを予約するか、中村駅まで電車で行って、そこからレンタカーを借りると負担が軽減できます!▼
高知空港から【足摺岬方面】までの移動方法!特急列車+レンタカーが快適でおすすめ

ちなみに愛媛の松山空港から行くと3時間30かかります。

そもそも高知への行き方がわからない方はコチラへ▼
【高知への行き方】意外と知らない4つの移動方法を徹底解説!

住所

〒787-0315
高知県土佐清水市足摺岬1349

駐車場:無料
足摺岬先端20台
第一駐車場115台
東側駐車場50台と土佐清水市HPには書いてありましたが・・・ぱっと見

正面の足摺岬の所に
バス6台
車20台ほど
金剛福寺に車10台ほどのスペースがあります。
お正月、GW、お盆の混雑時はバスターミナルからシャトルバスが出るそうです。

繁忙期は注意!

土佐清水観光協会HP

駐車場すぐ近くにトイレあります。
足摺岬のトイレ

スポンサーリンク

足摺岬にある中浜万次郎像

足摺岬の駐車場にある灯台の看板

こうして苦労して足摺岬まで着きました…!
ここには中浜万次郎像があります。
足摺岬のジョン万次郎像

とりあえず銅像があったからパシャパシャ写真を撮ってみたものの・・・

中浜万次郎って誰?
って思う方も多いかもしれません。
一言で言えば日本初の国際人。

中浜万次郎=ジョン万次郎については車で約25分ジョン万次郎資料館へ行くと、映画顔負けのドラマティックなその生涯がわかります!▼
ジョン万次郎資料館|映画顔負けの壮絶な人生に驚愕!アクセスやみどころ紹介

スポンサーリンク

足摺岬は絶景だけども賛否両論!?

階段をのぼるとよくガイドマップでみる足摺岬のあの光景を見ることができます!

じゃ~ん。
ここが足摺岬のみどころの景色です。
足摺岬の絶景

ここは四国の最南端。
270°のオーシャンビューです!足摺岬の四国最南端
このそびえ立つ崖…!
この崖が見たかったのです。

よく見ると崖は少し白っぽいのですが、花崗岩でできています。
1300万年前にあった火山のマグマが地下の深いところで冷えて固まって、波に削られることによって現在の姿になりました。
しかも、足摺岬の花崗岩は世界的に珍しいラパキビ花崗岩という種類らしいです。

くまぁ。

自然が生み出した景色ってところがグッと来るね。

ところで足摺岬って
どのパンフレットでも、どのサイトでもこの角度からの写真じゃないですか?
足摺岬の風景右側

足摺岬は右手は上の写真のような風景、左手はこのような感じです。
足摺岬の風景左側

確かに絶景なんですが、正面は海・・・!

真正面の写真を撮っても超海なので、足摺岬ということがわからないのです

足摺岬は…ほぼこの景色になるので、崖とか景色が好きな人でないと

「え・・・?これだけ?。」ってなってしまって物足りない人もいる…かも…?
でも、絶景なので行ってみて損はないです!

青の続く景色と風、ゆったりとした時間を過ごすのはとても贅沢な気持ちになります。

真正面は長く長く続く海…。足摺岬正面の風景

ちなみに・・・天気が良いお昼頃は更に綺麗なんですよ!晴れの日の足摺岬

この透明度…凄くないですか?
晴れた日の足摺岬

思わず声が出てしまうほど美しい海…。
透明度が高い足摺岬の海

晴れの日の足摺岬の海

天狗の鼻へ行ってみよう!

天狗の鼻とは先ほどの写真の左側の風景にあたる部分です。
屋根付きの休憩場所も見えて人もいたので興味が出たので行ってみることにしました!

10分も歩かないで着きます。

なかなかもののけ姫な美しい道です。

天狗の鼻には屋根のある休憩場所があり、座って眺めることができます。
先ほどとはまた雰囲気が違いますね!

こんなものもありました。
皇太子殿下御歌。
足摺岬の印象を歌われたようです。
足摺岬、皇太子殿下御歌

足摺岬灯台へ行ってみよう!

天狗の鼻だけではなく、反対側の白い足摺岬灯台への歩いて行くことができます!
足摺岬灯台

今度はトロロの道みたい。
足摺岬灯台までの道のり

灯台までの道にはこんなに興味深い場所があります。

地獄の穴・・・。

ANA・・・。
足摺岬の地獄の穴

金剛福寺まで繋がっているだと・・・?
ここにお金を入れると「カランカランカラン」と音を立てて落ちていきますが・・・
「ん?」という感じでした笑
是非やってみて下さい!
足摺岬の地獄の穴

足摺岬灯台の方は弘法大師にちなんだいくつかの石が楽しめるんです。
ここは大師の爪書き石。
大師が爪で南無阿弥陀仏と彫ったそうなのですが・・・見つからない・・・。
足摺岬、大師の爪書き石

そして、足摺岬灯台へ着きました!
足摺岬灯台

案内板。

すぐ横にはカメさんの像が。
ここは亀呼場と言われているそう。
金剛福寺にも弘法大師と亀の像があったので、弘法大師と亀には深い関係があるのかも?

その後も石が並びます。

足摺岬灯台の道を抜けていくと、駐車場の道に戻ってきます。
足摺岬の道

雨の日の足摺岬はどんな感じ?

この日はぽつぽつ雨が降っていました。
綺麗…!というよりも勇ましい足摺岬の姿が見れます…!雨の日の足摺岬右側の風景
反対側
雨の日の足摺岬、勇ましい様子

結構怖いですね。
雨の日の足摺岬の風景

足摺岬周辺の観光地:是非ココも観光してみよう!

足摺方面へ観光へ行く!ってなったら真っ先に出てくるのが足摺岬ですが…足摺岬周辺にはその外にも絶景スポットや観光スポットが盛りだくさんなんですよ!

最低でも2泊3日で訪れてゆっくりまわりたいところです!

くまぁ。

絶景スポットがギュッとつまっているので是非回ってみよう!

 

 

 

高知観光のまとめはコチラ▼
【高知へ行ってみようよ!】高知観光の情報のまとめ!ファンの静岡県民が解説!

5 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です