竜串のグラスボートで海に出よう!美しいサンゴや魚を見れておすすめ!

前回、飛行機の関係で行くことができなかった竜串見残し海岸・・・。
ここはグラスボートで行かないと見ることのできない難所

“見残し”という名前の意味は?▼

場所が場所だけに、グラスボートで渡ることができるようになるまでは漁師意外はなかなか見ることの出来ない海岸でした。
見残しとはこの地に来たほとんどの人が竜串海岸だけを見て帰って行ったことからきています。

 

今回はこの見残し海岸までグラスボートで行ってきたので、まず前編としてグラスボートについて書いていきます!

くまぁ。

乗らないと損するくらい楽しかった!

グラスボートは絶対に乗るべし!

空港から遠い分、時間が無くて見残しちゃった・・・!はとても勿体なかったです!

グラスボートってなに?

そもそもグラスボートというものがよくわからなくて、初めはただの船で渡るのかと思っていたのですが、全然違くて。

グラスボートはその名の通り、船の底がガラス張りになっていて、海の中の様子を見ることができるんです!

竜串にあるサンゴをいくつか回って、サンゴとそこにいる野生のお魚を観察できます。

グラスボートの会社は2社あります。
予約はこちらから▼

たつくし海中観光

竜串観光汽船

今回はたつくし海中観光さんにお世話になりました!

スポンサーリンク

竜串グラスボート乗り場までのアクセス・営業時間

高知龍馬空港からレンタカーを借りていくと約3時間で着きます。

高知駅から中村駅まで特急列車に乗って、そこからレンタカーを借りるのが1番おすすめです!▼
高知空港から【足摺岬方面】までの移動方法!特急列車+レンタカーが快適でおすすめ

そもそも高知への行き方がわからない方はコチラへ▼
【高知への行き方】意外と知らない4つの移動方法を徹底解説!

営業時間
営業時間:8:30~16:30
定休日:不定休(荒天時臨時休業あり)

行き20分、帰り10分

大人1560円、小人780円

スポンサーリンク

チケットを購入場所

チケットは駐車場に車を停めてこちらの建物の方へ歩きます。
右上にある看板の通り、建物まで行ったら左へ曲がります。
(建物前にトイレがあるからすませておくと良いですよ!)

ここでチケットを買います。
竜串グラスボートチケット売り場
くぁwせdrftgyふじこ

わぁぁぁぁぁぁぁーーーーーかわいい子がいる!!!!!!

「大人1枚お願いします。」
竜串グラスボートチケット売り場

コチラへ歩きます。

※船酔いしやすい方は必ず酔い止めを飲んでおきましょう!
竜串グラスボート

グラスボートが迎えに来てくれました!
チケットを見せて乗船します。(すでに海が綺麗・・・)
見残し海岸で降りてもこのチケットでまた帰ってくることが出来ます。

グラスボートで海に出ると絶景がまっている!

今回は愛媛の今治から来られたご夫婦と一緒でした。
冬の平日なので私たちしかいません。

しかし、竜串は冬ほど魅力的のようです。

船は自動車と違って後ろの方が揺れが少なく、前の方が揺れます。
酔いやすい人は後ろをチョイスしましょう!

出発しました。
竜串グラスボートからの風景

グラスボートはサンゴを回ってくれるので、走ってる時は外の景色を楽しみましょう!
グラスボートが停まったら船の底を覗いてみましょう!

あまりの美しさに、今治ママと私はもう大興奮でした!!!竜串グラスボートから見る海の底

野生のカクレクマノミも!!!

結構大きい魚もいたりして更に興奮!
サンゴも綺麗です。
竜串グラスボートから見る海の底

船内では昔懐かしい感じのアナウンスが入って説明をしてくれます。

綺麗なお魚がいました。

正直、「魚なんてちょろっと見えるだけ。海の中もちょろっと見えるだけだろうな・・・。」くらいに思っていたので、あまりの美しさに思わず声が大きくなります。

めちゃめちゃ見えます。
竜串グラスボートからの風景

 

大満足!

大感動!

グラスボートだけでもかなり満足度が高いです!

見残し海岸よりもまず、グラスボートを見残していたなんて・・・。

船内には竜串海岸

見残し海岸についての説明があります。
特に見残し海岸は事前にどういうものがあるのか予習しておくと、見るのがもっともっと楽しくなります!

 

そして・・・

しし岩が見えてきて、いよいよ見残し海岸へ上陸した私。
そこには今まで見たこともないような美しい景色が広がっていることなど、この時の私はまだ知るよしも無いのであった・・・。

ついに、グラスボートでしかたどり着けない見残し海岸へやってきた!

 

冒険を続ける?

▷はい

いいえ

 

 

 

高知観光のまとめはコチラ▼
高知観光のおすすめ情報のまとめ!高知ファンの静岡県民が解説!

6 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です