竜串海岸で奇岩と海の異世界絶景を楽しもう!駐車場・アクセス・見どころ紹介

ワクワクするような
世界があなたを
待っています!!
冒険に進みますか?

‣はい
 いいえ

竜串海岸は・・・

足摺岬から車で約35分
ジョン万次郎資料館から車で約15分の場所にあり、

 

周辺には
足摺海洋館足摺海底館竜串グラスボート

…と観光地が密集しています。

せっかく足摺岬まで来たなら竜串海岸まで足を伸ばせばまるでRPGのような異世界の風景が広がっています。

くまぁ。

…RPG?

ここは日本の地質100選に選ばれたこの場所は地学が好きな人だけではなく、そうでない方も思わず

「ぉおおおー」と言ってしまうような景色が広がり

まるで冒険するようにドキドキとワクワクしながら回ることができます。
竜串海岸は高知市からだと車で2時間30分くらいの、少し遠い場所にありますが駐車場も見学も無料です!

竜串海岸へのアクセス

竜串海岸はは高知龍馬空港からレンタカーを借りていくと約3時間で着きます。

1番おすすめなのは高知駅から中村駅まで特急列車に乗った後レンタカーを借りる方法です!▼
高知空港から【足摺岬方面】への移動方法!特急列車+レンタカーが快適でおすすめ

そもそも高知への行き方がわからない方はコチラへ▼
高知への行き方【意外と知らない4つを徹底解説!】

スポンサーリンク

駐車場・トイレ・竜串海岸までの道のり

竜串の奇岩は見残し海岸、足摺海底館の遊歩道、竜串海岸…とありますが、今回紹介する竜串海岸はグラスボートを使わなくても行ける場所にあります。

駐車場から少し歩きます。

駐車場スペースは結構たくさんあるのでゆったりと停めることができます。
竜串海岸の駐車場

駐車場奥の方へ進んで行くと看板が出ています!
ここからはトイレがありませんのでここで済ませておくと良いです!
竜串海岸のトイレ

ここらはネコが多いです。
慣れていて逃げない…!

しばらく案内に沿ってのんびりとした風景を感じながら歩きます。
竜串海岸への道

まっすぐ歩いて行くと突き当たりに・・・
竜串海岸への道

案内板があります。
これから見る奇岩の説明があるのでさっと目を通しておきましょう。
竜串海岸遊歩道案内図

案内には1周約25分と書いてありますが、初めてきた観光客が1周約25分で周れるわけありませんでした・・・(^ω^)

美しい海や奇岩を見て、写真をとって、過酷な道を歩けば1時間は余裕でかかってしまいました・・・。

くまぁ。

旅行時間は十分確保しよう!

スポンサーリンク

冒険のはじまり!ダイナミックな地層と海との絶景を楽しむ!

手すり付きの階段を降りたら…
RPGのダンジョンのような完全なる別世界が広がります。
妹は未来少年コナン・・・と言っていた。

竜串海岸は約2000万年〜1500万年前の砂と泥によってできた柔らかい層なので実に変わった形のものが多く、奇岩と呼ばれています。
絶句……。
竜串海岸入口

よく見ると地層の横側を歩いていることがわかります。
地層が重なった後に大きな地殻変動が起きたんですね…。
竜串海岸の奇岩

このチョコボールみたいな球状のものはノジュールと言って、サメの歯や貝などの石灰質のものが固まったもの。
竜串にはこういうものが大小問わず数多くあります。

くまぁ。

リアルタイムカプセルじゃないか…

手前にあるのが一応コンクリートでできた足場笑笑
竜串の奇岩と海
足元はこのようにほぼ整備されていなく自然のまままの状態になっています。
結構ぼこぼこした地層の上を歩いて行きます。

 

冒険感…!

なので、まちがってもこのようなちょいヒールすらも履いてきたらアウトです!!

ころんじゃうよ(^ω^)

海と地層の絶景を楽しみましょう!
竜串海岸での風景:海と空

このように竜串にはまるで蜂の巣のような、穴が無数にあいたものが多いです。
竜串海岸:タフォニ

これはタフォニと呼ばれるもので海に浸った層の海水が乾いて塩が結晶となって岩とともに剝がれ落ちるという現象を何万年も繰り返すことによってできたものだそう。

神秘的…!

人と比べてもその壮大さがわかります!
竜串海岸のタフォニ
いくつもあります。
本当に蜂の巣みたいですよね。

※気分はRPGの主人公です。

まるで窓のような場所も…!(足摺海底館と2ショット)
ここはフォトスポットです!
竜串海岸と足摺海底館
代表的な物にはネームプレートがついてるので見るポイントがわかりやすくなっています。
こちらは欄間ににてることから欄間岩と言われているようです。

大竹小竹

こちらは大竹小竹と言われていて本当にまるで竹のような筋が入っています!
海底からの熱水の通り道と言われているそうです。

竜の骨にも見えますね!竜を串で刺したような感じは竜串と言われるのもわかる気がする。竜串海岸:大竹小竹

伝わるでしょうか??足場が悪いし結構高い所も歩きます。

しかし、進むしかありません…!
申し訳程度の足場があるのみ…気を付けて進みましょう!
しかし…海と地層のこの景色は本当に絶景です。
平日に行ったので私たちしかいませんでした。

自然を独り占め…!

蛙の千匹連

海側の方へ歩くと…おびただしい数の何かがある…!

どう見ても犬のうん〇に見えるんですが…これは生痕化石で当時の生き物の巣跡です。
こんなにはっきりと、しかもこんなに大量のものを見るのは初めてでした!

まるで蛙のように見えることから蛙の千匹連なんですね。(心が汚れてるとうん〇に見えます笑い)
竜串の奇岩:蛙の千匹連、生痕化石
この白いのはチョークで落書きされたもの…ではなく塩で、これが穴になっていきます…。
現場検証のようだ…。

壮大!
竜串の奇岩

天の橋だて


…どの辺が天の橋だてかはよくわかりませんでした。
ちょっと写真が近すぎるんですが、天まで伸びるかのようにそびえ立っていたので、そういう意味で名がついたのでしょうか…?

こちらは座頭の昼寝石。どのように名前がついたのか?何が層に埋まっているのか知りたい…。

 

そして…もうここからはジブリ感が凄くて…
写真を何度も見返してしまうくらいなのですが…

まるで巨神兵の一部のような…これもノジュールでしょうか…?

そして、最後に現れる不背山…。

これなんかはもう完全にラピュタです…。
竜串海岸:不背山

溢れるラピュタ感と絶景に泣きそう…!

不背山を抜けていくと…

 

 

うわ……

 

エメラルドグリーンの美しい海が姿を現しました!

これはここまで冒険したものだけが見ることができるご褒美なのですね…。
なんだか本当に宝物を見つけたような気分になれました!

透明度が非常に高いです。
もちろん写真は無加工です。

高知の海って…綺麗だなぁ…。

しかし…!!
最後の最後が本当に鬼畜コース…
足場が狭すぎて本当に1歩間違えればエメラルドグリーンへドボーン!です。
写真を撮る手も震える・・・。

この足場の狭さ伝わりますか…?まさにmajiで落ちる5秒前ですね。

ここは桜浜海水浴場。昔は桜貝がたくさんあって浜が桜色だったことからその名がついたらしいです。…桜の姿見てみたかったですね。
ウミガメが産卵にくることもあるそうですよ!

くまぁ。

ぜひ、行ってみてね!

冒険を続けますか?

▷はい
いいえ

 

…次回、さらなる冒険の地 竜串見残し海岸へ!

番外編:雨の日の竜串海岸はとにかくヤバい!

ここからは雨の日に竜串海岸へ行ってみるとどんな感じなのかをお伝えします!

前回、竜串海岸に来た時はあいにくの天気でした。
こんな時に奇岩は見れるのだろうか…?
せっかくここまできたのでとりあえず行ってみたのですが…。

 

ものすごく不安な感じ。雨の日の竜串海岸

気をつけて下さいの張り紙すらが今にも飛んでいきそうで、これから行く場所の危険さを物語っているような気がしました・・・。

完全に自然の自己責任スポット…!

満潮がいつなのかわからない・・・。

本来なら奇岩を横断するところですが、波もかなり荒れていて無理して進んで行ったら確実に取り残される感じでした。

もはや横断も不可能

私は怖くなって手前のところで引き返しました。(正解)
明らかに普段歩く場所っぽいところに波がかかっていました・・・。

観光する際は十分に気をつけて下さい。

雨の日は引き返すのが1番!

続きを読む(見残し海岸編)

 

 

 

高知観光のまとめはコチラ▼
高知観光のおすすめ情報のまとめ!高知ファンの静岡県民が解説!

4 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です