キラメッセ室戸の【食遊鯨の郷】で鯨料理をくらう!

室戸の観光地といえば、室戸岬、室戸ジオパークセンター、廃校水族館、室戸ドルフィンセンター・・・と色々ありますが、高知市方面から室戸市に来てまず最初に出くわすのが道の駅キラメッセ室戸

もちろんトイレ休憩だけに使っても良いのですが、ここには

素通りしてしまうにはあまりにも勿体なさすぎる施設なんです!

 

キラメッセ室戸には3つの施設があります!

鮮魚や朝どれの新鮮野菜が買える直売所の・・・楽市
地元名産の鮮魚や鯨料理を楽しめる・・・食遊鯨の郷
室戸と鯨漁の歴史がわかる・・・鯨館

キラメッセ室戸HP

(直売所の物はなんとHPからでも購入することができます!)

今回は素通りするだけではもったいないキラメッセ室戸の食遊鯨の郷についてお伝えしていきます。

キラメッセ室戸へのアクセス

そもそも高知まではどうやって行く?▼
【高知への行き方】意外と知らない4つの移動方法を徹底解説! 鉄道やバスでの室戸方面への行き方▼
高知龍馬空港から【室戸岬方面】までの移動方法!

MEMO
住所:高知県室戸市吉良川町丙890-11 キラメッセ室戸
営業時間:10:00~20:00(3~10月)
(11~2月)は19:30
ラストオーダーは30分前まで
※↑お土産屋さんや飲み物は飲めますが、食事は11:00~です。
定休日:月曜日(月曜祝日ならその翌日)

キラメッセ室戸

スポンサーリンク

鯨料理が楽しめる食遊鯨の郷

室戸といえば土佐の捕鯨発祥の地として古くから栄えてきた町です。
ここ食遊鯨の郷では鯨料理を頂くことが出来ます!
鯨の他にも地元のお刺身やカツオ、牛ヒレステーキ、うどん、寿司、お子様ランチなどメニューは豊富です!

せっかくなので鯨をいただいてみましょう!キラメッセ室戸:食遊鯨の郷外観

注意
開店は10:00~ですが・・・
10:00に行ってもお土産や飲み物などは頼めますが・・・食事は頼めません!
食事は11:00からとなります!

太平洋を一望できる眺めの良い食事処です!

国道55号線沿いにあるキラメッセ室戸。
晴れの日はため息が出るくらい眺めが良いです!
(座敷とテーブル席があります。)
ここは夕日なんかもおすすめみたいですね。
中には予約と書かれた札がチラホラ置かれていたので、予約もできるんですね。
10:00~は飲み物しか注文できなくて人があまりいませんでしたが、11:00を過ぎると平日にも関わらず途端に人が多くなりました。
休日は混み合う覚悟は必要ですね。

空いていればすぐに案内されますが、人が多ければ入り口の順番待ちの用紙に名前を書いて待ちます。

窓際は太平洋を一望できます・・・!

この席に座るだけでその眺めに満足してしまいますね・・・。食遊鯨の郷:窓際の席

せっかくなので鯨料理を食べよう!

せっかく鯨の町へ来たのだから、鯨料理を食べたいですね。
鯨は刺身だけでなくタタキ、ステーキ、竜田、フライ、焼き肉もあるんですよ!
鯨だけで凄い種類です!

鯨のタタキ(1728円)
初めて食べましたが、外は香ばしくまるでジャーキーのようで、中は柔らか~でした。食遊鯨の郷:鯨のタタキ

鯨の味はすこーし独特でしたが、ポン酢がこれまた合います。

鯨の刺身(1728円)
刺身も柔らかで美味しいです。食遊鯨の郷:鯨の刺身

くまぁ。

う~ん、例えるのなら馬刺しのような感じだよ!

室戸へ行く際は是非、自然たっぷりな風景の楽しめる食遊鯨の郷で美味しい鯨料理を堪能して下さいね!

スポンサーリンク

おまけ:海へ行くと、そこにはダイナミックな地層が!

室戸はプレートが動いていることをはじめて陸上で証明した場所で、非常にダイナミックな地層を見ることが出来ます。
室戸のジオパークでダイナミックな地球の姿を感じよう!観光ポイントを解説

食遊鯨の郷の駐車場前にある階段を降りていくと、プレートによって運ばれてきた砂と泥が交互に重なった地層を見ることが出来ます。

実はこの地層はあれだけ眺めの良い食遊鯨の郷からは見ることができません!

くまぁ。

下へ降りた者だけが見られる、ダイナミックな地層なのだな・・・!

妹を連れて行ったのですが・・・そのダイナミックさに
これは地層とか興味なくても感動する・・・。
とえらく感動していました。。。
もし、行かれる場合は非常に足場が良くないので、ヒールなので行くのは控えて下さいね。

是非見てみて下さい!

隣の鯨館もおもしろい施設なので合せて楽しもう▼
鯨館は室戸と鯨の関わりがよく分かる施設!アクセスやみどころ紹介

 

 

 

高知観光のまとめはこちら▼
高知観光のおすすめ情報のまとめ!高知ファンの静岡県民が解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です