被災して必要だと感じた最低限の防災グッズリスト

「どうしてだろう?」東海地震が来ると言われ続けている静岡県に住んでいながら、「どうせ来ないだろう。」災害は自分とは無関係だと思い続けていました。

そして、そんな防災意識の低かった私は、今回旅行先の北海道で被災してしまいました。
友人宅では備えがあった為、怖い中でも安心して生活ができましたが、これがもし自分の家だったら光も無い、情報も無い、水も食料も無い家で一人で過ごさなくてはならなかったと思うととても恐ろしく感じます。

地震に限らず台風でも停電や断水は起こります。
あなたの家では備えは十分でしょうか?

一人暮らしの私は備えが不十分でした。

災害は自分とは無縁という事は無かったのです。

これは私が被災して必要だと感じた防災グッズを書いていきます。
もちろん他にも必要な物はあるかと思いますが、地元へ戻ったらすぐに買おう。と思ったものです。

地震は突然起きた。~最低限必要だと感じた物リスト~

北海道に旅行で訪れて、友人宅で寝ていた時のことでした。
ガタガタガタと揺れ始めて飛び起きたら、揺れが止まらず大きくなっていって、みんなで「ヤバイ!ヤバイ!」って言って急いで玄関へ行って逃げ道を確保して揺れがおさまるのを待ちました。

「すごい揺れだったね…」と言ったのも束の間、電気が全て消えてしまいました。

懐中電灯・ランタン・電池

深夜の為、何も見えずに真っ暗。
そんな事はじめてだった私の手は震えていました。

幸い友人の家はキャンプ用品があり、ランタン1つで部屋の中がパァーッと明るくなりました。

他にもライブのペンライト、スノードーム、ガチャガチャの景品と代用できるものはありました。
もし、これが自分の家だったら懐中電灯もランタンもロウソクすらもありませんでした。
備えある友人宅で本当に良かったです。

※もちろん電池も備えておきましょう!

注意
停電したらブレーカーは必ず切りましょう
。そのままにしておくと火事になる可能性があります。

私たちは真っ暗な中で情報を集めました。
どこで地震が起きたのか?電気はいつ復旧するのか?

こういう時に情報の早いツイッターはとても役立つと感じました。

注意
心無い人が嘘の拡散をすること、また誤報を嘘だと知らずに拡散してしまうことがあります。
「知り合いから聞いた話ですが~」のほとんどはデマの可能性が高いです。情報元が確かなものを見ましょう。

でも、その情報も携帯電話でしか集めることができませんでした。
携帯電話を充電するにもまた電気が必要なのです…。
安否確認にも携帯電話を使います。

急いで携帯電話を低電力モードへ切り替えました。

▼低電力モードへの切り替え方▼

その他にもスマホの画面を暗くしたり、起動中のアプリを消すと良いです。

復旧の見込みがない。と流れていたので、充電が無くなる前に、会社へ連絡しておきました。
安否確認で充電が無くなってきたので、私は同じ文をコピペして貼り付けてたり、ラインのプロフィールに無事です。とつけておきました。

ラジオ

停電してテレビも見れない。携帯電話も充電がなくなるので、使えないとなると情報が一切入ってきません。
今自分はどうなっているのか?どうすればいいのか?わからないことは本当に不安でした。

朝になると友人がラジオを探してきてくれました。
ラジオを聞くなんていつぶりでしょうか?

ラジオは市別ではなく町別で情報が流されていました。
〇〇町では水を汲むことができます。〇〇町では炊き出しをやってます。など延々と詳細な情報が流れます。
避難する時に気を付けることや天気なども知らせてくれました。

携帯に頼らずこうして情報が入ってくるのはとてもありがたいことでした。

ソニー FM/AMハンディーポータブルラジオ ICF‐51(W)(ホワイト)

携帯電話の充電器

その日の昼はそれはもうびっくりするくらいの晴れ模様で、地震がなければみんなで出掛けたいくらいの天気でした。

そんな時にソーラーで充電できたらどれだけ良いか…と思いながらラジオを聞いていました。
もちろん電池で充電できる充電器も有りですね。手動も使えるかもしれません。

電気に頼らない充電アイテムは必須だと感じました。

RUIPU モバイルバッテリー ソーラーチャージャー 大容量 24000mAh 急速充電可能 3USB出力ポートと入力搭載 三台同時充電でき 太陽光で充電可能 Android/Apple/iPad対応 地震/災害/旅行/出張/アウトドア活動などの必携品(red)
RUIPUS

太陽光発電と蓄電池があるお宅は今回かなり救われたかと思います。

ガスコンロ

今回IHだったお宅は電気が使えず、料理をすることができませんでした。ニュースでインタビューを受けていた人はガスコンロが欲しくてお店に何時間も並んでいました。
食料をいくら買っても火を使わなければ大抵の料理はお手上げです。ガス自体が使えなくなってしまうこともあるのでガスコンロは必要なアイテムです。

なお、別の友人は庭でバーベキューをして料理をしていた模様…。

水・食料

今回は暑すぎず、寒すぎない過ごしやすい季節でしたが、これが夏だったら熱中症になっていた人も多かったはずです。

実際台風が去った後の天気は暑く、みんなぐったりしていました。
そんな中、マンションでは停電の為にポンプが動かずに何度も何度も公園に水を汲みに行ってました。

生活水はお風呂に貯める。
キャンプで使うようなタンクがあると水を貯めるのに便利ですね。
飲み水1日2ℓ×3日分は用意しておきましょう。

▼フォロワーさんが買っていた濾過器も非常に画期的だと思いました。▼

そして食料ですが、コンビニは人が押し寄せ一気に何も買うものが無くなっていました。

カップ麺はデスソース系のものしか残っておらず…。
もちろんカップ麺を買ってもお湯がなければ食べることができません。(チキンラーメンならそのままいけるかも?)
個数も制限されてる場合があります。

また、お店に着いてもかなり並びます。とあるスーパーでは停電の為に店員さんが1人のお客さんに付いての買い物だったそうです。

ここもまた食料のあった友人宅は救われました…。

もちろん、ガソリンスタンドにも長蛇の列。
私が見たときは30台並んでました。

買い物へ行くのもガソリンが必要…。
今回は信号もついていなかったので、外出は危険でした。

復旧までの時間耐えられるほどの水と食料は大事だと改めて思いました。

その他に必要なものリスト

ティッシュやトイレットペーパー、除菌のティッシュ、ゴミ袋、軍手もあると便利です。

生理用品

実は私は今回まさにこれで、友人宅にはたくさんあったのですが、
▼もしなかった場合にどうすればよかったのか?▼

ラップ
お皿の上から使えば洗わずに済みますし、怪我したところにも巻くことができます。

オムツ
友人ママはこういう時に便利なのがオムツと言っていました。
今回は水道が使えるところは使えたけど、もしもトイレが使えなかったら外も自衛隊がいたり、中継がされてたりして外ですることはできないし、オムツをしていればどこでもできるし、ゴミとして捨てることができます。

ウエストポーチ
これは個人的にとても良かったのですが、ウエストポーチに財布、鍵など必要なものを入れてそのまま寝てたのですが、次に揺れが起きてもその身体ひとつで逃げることができました。
不安の中とても支えになったものの1つです。

 

今回、こんなに切羽詰まった時に温かく迎えてくれた友人一家には本当に感謝しかありません。
こんな時だからの助け合いの心って本当に大事だと思いました。
私1人じゃ本当になんにもできませんでした。

災害はもちろん地震だけではありません。
津波、台風、洪水、土砂崩れ、火山と予期せぬことがたくさんあります。
使わないに越したことがありませんが、いつこうなる時がくるのかもわかりません。

私も防災グッズを購入しました!ここにあげていたものに加え、本棚には突っ張り棒をつけました。

普段の準備が大事です!

 

大好きな北海道の復興、そして北海道のみなさんが1日も早く安心して休むことができるように祈っています。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です