スーパーマーケットの季節の売場の作り方

季節の売場を作るのはスーパーマーケットの使命

私はスーパーマーケットは

1.地域のライフラインになること
もう1つは
2.季節を感じてもらうのが使命だと思っています。

売場を作る時に季節感を出すというのは非常に大切なことだと思います。
と、いうのも現代人の日常のスピードってすさまじいと思うんです。

忙しい生活を送って、気が付けば桜が咲き初めて
「ぁあ、もう春か。」なんてよくあることで…
何より忘れられゆく【行事】って多いと思うんですよね…七草がゆとか食べます?半夏生でたこ食べます?とか・・・言わないと知らなかったり、もしくは忘れてしまったりしますよね。

そういう昔ながらのものを大事にしたいなとも思いますし、旬のもの食べて季節を感じてもらいたいですよね。

で、今回は季節の売場作りについて書こうと思います。
例えば秋の売場を作ろう!ってなったときに
外はまだ暑いですけど、8月3周目には既にお店でサンマやハロウィンのお菓子など秋を感じさせる商品が陳列されます。

外は35℃だけど、お店では秋の商品。
これってなんだか違和感がありますね。
おでんなんかも8月末から売っていたりします。

これってなんでか知ってます?

おでんの売り上げのピークは1月や2月の寒いときではないんです。
ちょうど9月から10月の
暑い気温から涼しい気温になる季節の変わり目が1番売れるのです。
こういう季節の変わり目に「ぁあ、食べたいなぁ。」と思う人が多いんです。

結構この話は有名ですよね。
だから8月のうちにおでんをおいてPRしています。

その商品をいつから売ろう?っていうのは大事で、ハロウィンの商品が欲しい!と思うのは10/31より少し前かと思いますが、店側が10/31に商品を並べても当然売れませんよね。
今まで並べていなかった商品は当然お客様に認知されていないので買ってもらえません。

31日に出しても商品を値引きロスや廃棄ロスにするだけです。
お客様の方ももうどこの店に行ってもハロウィンの商品があって真新しさも無くなっていますしね。
当日に商品を並べてもそれは売れません。

また、先程の話にもありましたが、季節の変わり目はちょうど買いたくなる時なのです。
お菓子なら栗やかぼちゃ、さつまいもと味のバリエーションも増えるので
食べてみたい!
という気持ちを起こさせます。

売場を作る時に商品だけ並べてみても、もちろんパッケージが秋だったりするので多少の雰囲気はでるのですが・・・
商品だけではなく装飾も工夫してみるのです。
栗や紅葉の飾りをつけてみて秋を演出する。

そういう雰囲気作りもお客様の
買ってみたい!という気持ちを起こさせます。

普段生活してたら季節のことやイベントのことなんて忘れてますからね。
先に仕掛けていくんです。

スポンサーリンク

季節の売場の作り方

季節の変わり目は売場担当にとって注目ポイントです!
季節が変わってしまったときに売場に装飾しても全然真新しさもないし、気付いてもらえません。
でも、そういう売場を作る時って先取り先取りでしょう?

どうも苦手だなぁ〜。
という新入社員やパートチーフの方もいるかと思います。
そういう人達にオススメしたいのはとりあえず100円ショップへ行くことです。
100円ショップではひまわりの造花は6月には売られているし、8月末にはハロウィンの商品が売られています。
こちらも先取りなんですよね。

そうすると週間企画ごとの売場でも、100円ショップの商品を見ながら
これを使って
「ぁあしたい。こうしたい。」
という売場作りのイメージが湧きやすいんです。

気軽に購入できますし、イメージさえわいたら100円ショップ以外のお店でも買い物できますしね。
ただ、スーパーマーケットは食品を扱っているので、飾ればOKということでもなく、気をつけるべき点がいくつかあります。

 

季節の売場作りで気をつけたいこと

1.食欲の無くなる物、縁起の悪そうな物は置かない
→ハロウィンだからといってクモのフィギアや目玉のおもちゃは使うのをやめる。
2.異物混入にならないもの、子供が誤って飲み込んでしまうような小さな物などは置かない。
→鳥の羽、小さな置物など
3.掃除がしやすい配置にする
→あまりに細々置きすぎて、掃除がしにくくなって売場が汚くなってしまうのはよくない。作業性も悪くなる。
4.大きい物を使って変化させる
→造花、ポスター、テーブルクロスなど・・・
(大きい物で売場を変化させないと結局わかりにくいです。)
季節や売り込みのPOPはB4で作ったりしてます。
5.色やテーマは統一する
→レトロ系にするのか?派手な色にするのか?テーマを決めましょう。

まぁ、もちろんですが売場装飾にこだわるのは欠品なく商品揃えたり、商品化を綺麗にしたり、当たり前のことができてからやるものですからね。
これができてないのに売場に一生懸命凝り続けても意味がないと私は思います。
よければ参考にしてみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です