リュック1つで身軽に!旅行へ行く時のもちものリスト【国内・海外対応】

旅行はリュック1つで身軽に行こう!

旅行へ行く時って、あれば便利なんじゃないか?なんて考えてついついあれもこれも持っていってしまいますよね。
出発してしばらくはいいですけど、徒歩での移動が多かったりするとだんだん

重い…

って泣きたくなりますね。
それに加えて帰りはおみやげという荷物が増えますからね。

くまぁ。

だって、あると便利かも!って思っちゃうんだもん・・・

私も元々普段から荷物が多いタイプで、実家に帰るだけでもバックが3つくらいあったりして「あんたどこへ旅行へ行くの?」なんて言われていたのですが、旅行を重ねるうちにほんとに最低限の荷物しかもっていかなくなりました。

私の旅行は泊まりでもリュック1つです。

スーツケースは基本使いません。
何が良いかというと
1.リュックは身軽
2.飛行機に乗っても荷物を預けないから、そのまま出れるので待ち時間が0でスムーズ!

今回は身軽に旅行へ行く為のもちものリストを作りました。(海外も対応しています)
結構他サイトさんではあると便利なものもがたくさん載っていましたが、私は全部カットします。
あると便利な物は大抵無くてもいい物なのです。

最低限何が必要なのか?もちものリスト

パジャマ、歯磨きセット、化粧水・・・etc私はホテルにあるものは持って行きません。

リュック(機能性の高い物がオススメです!)

いくらリュック1つに物を詰めても
それをさっと取り出すことが出来なければ全然スマートではありません。
いざ、財布やらボールペンやらが必要でも丁寧に入れた荷物を出していくのは結構疲れます。
機能性が良いリュックはポケットも多く、どこに何を入れるかを決めて整理整頓が出来ます!

私はリュックはモーブスを使っています
多機能!旅行にもビジネスにも使える mobus モーブスのカジュアルリュック

◆薬

旅の途中に「頭が痛い〜お腹が痛い〜鼻水が止まらない〜」だとせっかくの旅行も台無しです。
テンションにかかわりますので、忘れずに持っていきましょう。

あと、生命にかかわる場合もあります。。。
私は結構色んな薬を持っていきます。

酔い止め
鼻炎
胃薬
風邪薬
下痢止め
その他病院でもらってる薬

これを少量ケースに入れてまとめて持っていきます。

◆携帯電話(充電コードを含む)

生命線です。忘れずに・・・。(絵に意味は無い。)

◆財布(海外へ行くときはノーブランド)

財布がないとまぁ、話にはならないんですが、

クレジットカード
免許証
保険証

がないかはチェックしましょう!

免許証がないとレンタカーは借りれません。
クレジットカードで飛行機のチケットを支払ったら当日、搭乗手続きで使います。

そして、病気やケガは突然起こることがあります。
私は旅行中に目がありえないほど腫れて病院へ行ったことがありますので、保険証は大事です。

ちなみに海外へ行く場合は目を付けられたりしたら嫌なので、ノーブランドの財布を持っていってます。

◆お茶

飲み物ですね。国内なら飛行機に乗る時でも持っていけます。

なぜ、こんなに飲み物を押すのかというと、夜行バスに乗ってる時に飲み物が無くて脱水症状になりかけたからです。

夜行バスは休憩が1回とか2回しかありません。時間も10分しかないので、急いで買わないといけないので、バスに乗る前に買いましょう。

飛行機でも飲み物を貰えるまで我慢してた体調が悪くなったこともあります。
自由に飲めるものがあると薬も飲めますし安心して過ごすことができます。

◆ハンカチ、ティッシュ(流せるタイプだとなお良し)

ハンカチはブオーと乾燥させる機械がない場所もありますので持っていきましょう。
下のようなティッシュは流せるタイプだともしものときにトイレでも使えるのでオススメです。
この商品はほんとに使えます。

現地で買いそろえたらえらいこっちゃなので忘れず・・・。

◆帽子

夏、暑い地域へ行くなら必須です。
寒い地域へ行くならニット帽は耳まで隠れるので暖かいです。

◆服・下着・靴下

大抵のホテルにパジャマは置いてあるので、外で着る服だけあればOK
気にならなければジーパンなんて2日履いても大丈夫です。

くまぁ。

持っていく下着の数は何泊するか?の泊数で持ってくと良いよ。

更に荷物を少なくしたい人はホテルで洗濯しましょう。

◆モバイルバッテリー(充電コードを含む)

これはレンタカーを使わない旅では必需品ですね。
携帯がないと場所も調べられないですからね。
充電を満タンにしてから行きましょう!

◆シガーソケット

レンタカーを借りる旅では必需品です。
車内ではこれが無いと携帯電話の充電ができません!!
穴が2つあるタイプだと、友達と一緒にさせるのでオススメ。

◆メモ帳・ボールペン

旅でのメモ帳です。旅のメモでも良いですし、海外旅行では色々伝えたりするのにも便利ですね。
ボールペンは海外での入国や出国のカードの記入に役立ちます。

◆カメラ(充電器含む)

特にこだわりがないなら携帯電話にした方が身軽になると思います!

ちなみに海へ行くときは水中カメラを持っていきます!
魚が見れるチャンスがあるなら買って損はないです!!

例えばですけど、グアムでシュノーケリングをした時はこんな風に撮れました!

(写真の腕前は置いといて・・・)

コチラのカメラなんですが、初心者だけどちょっと撮りたいなぁって方は十分でした。
お子様向けの表示なので、親子で使えるカメラです。
ただし、水中カメラなので、使った後は真水に浸すメンテナンスが必要。(水に浸して海水をとるんです)
メンテナンス方法はカメラ画面に案内が出てくるのでわかりやすいです。

◆水着・タオル(海へ行く時だけ)

海へ入る場合だけですが、このときに濡れたものを入れるビニール袋を忘れずに持っていきましょう!

スポンサーリンク

リュック一つの持ち物リストまとめ

最後にまとめたので、これを見て支度をして下さい!

□リュック
□薬
□携帯電話(充電器も)
□財布(クレジットカード、保険証、免許証)
□飲み物
□ハンカチ・ティッシュ
□化粧ポーチ・生理用品
□帽子
□服・下着・靴下
□モバイルバッテリー(コード含む)
□シガーソケット(レンタカーなら)
□メモ帳・ボールペン
□カメラ(充電器含む)
□水着・タオル(海へ行くなら)

スポンサーリンク

海外へ行く場合はプラスでこれを持っていこう

さて、ここからは海外編となります。
この記事のタイトルとは反してしまうのですが、せっかくの海外なのでお土産をたくさん買いたいようならキャリーにして、身軽に行きたい人はリュックにすれば良いと思います!

おすすめはキャリー+斜めがけバック
身軽にしたければウエストポーチ+リュック

このウエストポーチは国内外あると非常に便利です。
というのも航空券やその他のチケットを出し入れするのに非常に便利だからです。

しかも両手がふさがらない!海外ではスキミングというカード情報を抜き取られることもあるので、スキミング防止の素材のものが良いと思います。

 

◆パスポート

リュックに入っているか3回くらい確認しましょう。
もう1つはパスポートの期限は必ずチェック!
パスポート自体の期限はまだ大丈夫でも国によっては入国時6ヵ月以上必要…残りのページが●枚必要など、国によってそこまで期限がないと駄目ですよ~というのがあります。

で、本当に何があるかはわからないのでパスポートのコピーは持っておきましょう。

◆航空券

絶対に忘れないようにしましょう!!

◆電源変換アダプター

日本とコンセント(電圧)が違うので日本の物をそのままさせない場合があります。
国ごと違っているのでどのタイプが使えるのか確認する必要があります。
コンセントをさせるからと言ってめげずに使ってると本当に煙があがりますので気をつけて下さい。
これ、私の友人談。

私は七変化で全ての国をカバーできるタイプを使っています。

◆ネックピロー

3時間を超える飛行機の移動がある場合、あったほうが首が痛くなく、疲れにくくなるので持っておいた方が良いです。

とはいえ荷物になってしまうので、折りたためるものが良いです。
私が使っているものが下の商品になりますが、使わない時はコンパクトにたたんでバックにも入りますし、膨らますときも手で楽に膨らませられるので疲れずにすぐに膨らみます。

◆折りたたみの小バック

これはめちゃくちゃ優秀です。
旅行用に買って本当によかったものの1つです。
行きはくるっとまるまってコンパクト、帰りはお土産を詰めて帰れます。
さらにキャリーケースにくくりつけることができます。

必ず持って行きます!

海外旅行でその他に気を付けたいこと

海外旅行保険

クレジットカードに海外旅行保険が付いてたら良いですが、そうでなかったら必ず入っておきましょう。
クレジットカード+保険会社
クレジットカード+クレジットカードと組み合わせることで保険の上限を上げることもできます。

※クレジットカードに保険付いていても、カードを持っているだけで良い物とそのカードで買い物をしないとダメな場合があるので確認しましょう。

ビザ

ビザが必要なのか?は必ず確認しましょう。ビザがないと国に入れません。

服装

服装は国内外かかわらず動きやすいものにしています。パーカーがあると体温調節に非常に便利です。
タイでは外は暑いのに建物内は寒いなんてことが多々ありました。

バック

バックは海外ならスリに合わないように斜めがけの物を使っています。
(そしてそれを自分のお腹側に持って行く)

コチラは内側にジッパー付きでポケットがあるので色々入れることができます。
メインのところがマジックテープなので、必要なものをスピーディーに取り出せますが、ビリビリという音が嫌いな方は注意ですが、音があるからこそ誰かに何かされたらわかります。

斜めがけ、内側のポケットは海外旅行では使いやすい一品です。

飛行機

飛行機に液体を持ち込む場合は100ml以下の容器にジップロックをしなくてはなりません。

▼飛行機の持ち込みについてはコチラが非常にわかりやすいです。▼
参考 機内持ち込み手荷物の制限チェック絵でわか~る。はじめての海外旅行

以上がリュック1つのもちものリスト、加えて海外旅行での注意事項となります。

私は身軽にしたいのでホテルに泊まるときはパジャマ、シャンプーリンス、はぶらしなど置いてあるならなるべく持っていかないようにしています。

でも、私がごちゃごちゃしていたり重いのが嫌なだけなので、自分が必要!というものは持っていけば良いと思います!

くまぁ。

よく、ぬいぐるみも旅に連れて行ってるもんね。

+α海外旅行の持ち物まとめ

リュック1つの持ち物リストに付け加えて下さい!

□パスポート
□航空券

□電源変換アダプター
□ネックピロー(3時間以上の飛行機なら)
□折りたたみのバック

最後に…Q&A

くまぁ。

Q.旅行って服装が凄く迷うんだけど…どうやって選べばいいの??

A.その旅で何を大事にするかによると思います。

例えば…

女子旅なら
フォトジェニックな写真を撮ったり、みんなで自撮りしますよね。
だからちょっと動きにくくても女性らしい可愛い格好で良いと思います。

気温重視なら
例えば札幌ゆきまつりや高知のよさこいを見る!といった寒い!暑い!対策をしたいならそれに合ったもので行きますよね。
札幌
ヒートテック上下、ダウン、ニット帽、マフラー、手袋、ブーツ(ムートンは染みてくるからダメ)とか…
高知
なるべくサラサラ、分厚くないテロテロな素材で!通気性の悪いジーパンを避ける、サンダルとか…

自然が多い場所へ行くなら
動きやすさが1番ですよね。スニーカー、ジーパン、リュック…など
海へ行くなら家から水着をそのまま着ていきますね笑
ラッシュガードを羽織って…足元はクロックスにしてすぐ入れるように…。

という感じで選んでいます。

 

旅行の準備はうきうきで楽しいものです。

 

 

では、みなさんも楽しい旅を…。

 

 

あせて読みたい旅行記事

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です